きてくれるからこその千代田区出張マッサージ

出張マッサージは来てくれるわけです。名前の通り、出張してきてくれるわけですから、自分で行く必要がないという点がやはりなんといっても大きな魅力です。そこまで大きな違いかと思うかもしれませんが、移動しなくてよいというのは行きもそうですし帰りもそうです。マッサージをした後は結構な倦怠感に見舞われるということがあります。その倦怠感も気持ちがよいのは確かではありますから、悪いことではないのですが店舗タイプのマッサージですとさすがにずっとそこにいるというわけにはいきませんから、家に帰らなければならないわけです。しかし、出張マッサージであればそのまま自分の家とかホテルとかに泊まっているということになるわけですから、そのままマッサージ師には帰ってもらって、そして自分はゆっくりと休むということができるようになるわけです。このすぐに自分のベッドで眠ることができる、というのは実に大きなメリットであるといえるのは確かでしょう。

なぜ千代田区と呼ばれたのか

東京のなかでも有数のオフィス街として知られている千代田区ですが、なぜ千代田という名称なのか知っている人は多くはないでしょう。
千代田という名前は、1947年に麹町区、神田区が合併したことにより誕生しました。では、なぜ千代田という名前なのかというと、実は江戸城の別名だったのです。名前の響きも柔らかく、歴史的にもふさわしいということで決定しました。千代田城は、多くの芸術家たちにも影響を与えてきました。なかでも、近代日本画の巨匠と言われる横山大観は、何度もその姿を自身の作品に描いています。大正15年の「千代田城」は、細かな石垣までもが繊細に描かれていて、当時の静かで威厳のある面影を感じることができます。
現在では、高層ビルが建ち並び、多くの人や車が往来する千代田区ですが、遥昔には全く違った風景があったのです。
千代田区を歩く時には、かつての日本の歴史について触れてみるというのもいいのではないでしょうか。

トップに戻る